公益社団法人日本フードスペシャリスト協会

サイトマッププライバシーポリシー

検索文
協会の概要

公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会のプロフィール

1 協会の目的

公益社団法人日本フードスペシャリスト協会(以下「協会」という)は、食品・食文化その他食に関する専門的、総合的知識と技術を有する人材を育成し、もって我が国の食品産業の健全な発展と国民の健康で豊かな食生活の確保に寄与することを目的としています(定款第3条)。

 

2 これまでの歩み(協会の沿革)

平成8年12月、当協会は食に関する専門知識と技術を有する食の専門家としてのフードスペシャリストの養成を目的として任意団体として設立されました。以来、多くの会員校の参加を得ながら、フードスペシャリストの養成、資格認定等の事業を通じて、国民の豊かで安全・安心な食生活を支える人材を養成してきました。

そして、平成19年3月には、農林水産省の認可を受け、社団法人として活動基盤の強化を図り、諸事業の展開に努めてきました。

さらに、新しい公益法人制度の下で、内閣総理大臣より公益認定を受け、平成25年4月1日からは社会に開かれた公益社団法人として新たな歩みを始めました。

 

3 事業内容

  • 1)フードスペシャリスト(食に関する専門的、総合的知識と技術を有し、食について的確なる情報を提供することを専門とする者をいう。以下同じ。)の養成に向けた教育内容の企画、指導及び助言
  • 2)フードスペシャリストの資格を認定するための試験の実施
  • 3)フードスペシャリストを養成する機関の認定
  • 4)フードスペシャリストの養成及び資質向上のための助成、研究及び研修
  • 5)フードスペシャリストに関する情報の収集、分析及び提供
  • 6)その他本協会の目的を達成するために必要な事業

 

4 会 員

協会は、正会員(大学・短期大学、食品関係団体等)、個人会員(協会に入会したフードスペシャリスト)、賛助会員(協会の趣旨に賛同する団体又は個人)をもって組織しています。
平成29年4月1日現在の会員数は次のとおりです。

正 会 員 :150校(大学79校、短期大学71校)
個人会員:1,312名
賛助会員:17団体、 4名

 

5 会 長

岩元 睦夫(鹿児島県大隅加工技術研究センター所長)

公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会
Japan Association for Food Specialists
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-20-4 橋義ビル403
Tel:03-3940-3388 Fax:03-3940-3389
http://www.jafs.org E-mail : info@jafs.org